BS番組視聴のために取り付けるアンテナ選び~耐用年数や金具の種類~

魅力的なBS放送~無料で高画質な映像を楽しめる~

アンテナ取り付けを行なう前に~やっておくべきことリスト~

取り付ける場所を探す

BSおよびCSアンテナを設置する場合、南南西の方角を取り付け位置として設定しておきましょう。もしも南南西の方角に高い木やビルがある場合や、金網などの障害物がある場合、受信できない恐れがあるため注意が必要です。なるべく風当たりの少ないところで、南南西の方角に近い場所に設置をするようにしましょう。

電波の強さを把握しておこう

BS・CSアンテナの場合、電波を反射する障害物さえなければ、基本的にどの場所でも電波の強さは同じです。しかし、地デジアンテナを設置する場合は、この電波の強さは問題となります。家が発信所から遠い場所にある場合、届く電波が弱まっているため受信障害が起こる可能性があります。また、逆に近すぎる場所も問題です。電波が強すぎるとテレビ番組が映らなくなる場合があるからです。取り付ける場合には、自宅の電波の強さをあらかじめ把握しておくことが必要となります。

受信状況が悪い場合は

男性

BS・CSアンテナの受信状況が悪い場合は、設置場所やアンテナを向ける方角を調整し直すことで、対処することができます。地デジアンテナの場合は、発信所からの距離に応じて、専用の機器を設置することで対処ができます。発信所から遠い場合は、「ブースター」と呼ばれる電波を増幅する機器をアンテナ近くに設置します。近すぎる場合は減衰器を設置することで、受信状況を改善することができるでしょう。

電波状況が悪い時はどうしたらいいですか?
アンテナの受信状況を改善する方法は2つあります。アンテナの方角や場所の調整と、ブースターなどの電波強度を調整する機器を設置することです。特に地デジアンテナの場合、ブースターを設置する場合にも、屋内用と屋外用のどちらにするかといった細かい調整が必要となります。受信状況を改善したいとするなら、こうした細かい調整を行なってくれるアンテナ工事専門の業者に依頼しましょう。

視聴できる番組数が増やしてくれるパラボラアンテナについて

パラボラアンテナの特徴を知ろう

パラボラアンテナは、お椀のように中央が窪んだ円形のアンテナです。「パラボラ」とは放物面を意味しており、放物線を描くようになだらかな傾斜の円盤が電波を受け止めて、電波を一点へ集めることができるアンテナです。指向性が非常に強く、向ける方角さえ正確ならば、どの地域からでも電波を受信することができます。

パラボラアンテナの選び方

耐用年数に気をつける
パラボラアンテナを選ぶ場合、そのアンテナが持つ耐用年数に注目しましょう。アンテナの耐用年数は、使用されている素材や防錆塗装によって変わります。金属がサビに強いアルミニウムなどが使用されている場合や、亜鉛メッキなどのサビを防ぐ塗装が塗られている場合、耐用年数も長くなるのです。耐用年数が長いアンテナは価格も比較的高く設定されている場合があり、高額なアンテナがあった場合、耐用年数について調べてみるとよいでしょう。
取り付け金具
パラボラアンテナを購入する場合、ベランダ用か屋根用かをしっかりと確認しましょう。種類に応じて使用する金具が異なるからです。屋根の上に設置をする場合、パラボラアンテナを支えるアンテナ用ルーフベースと、ルーフベースを支える支線が必要となります。ベランダに設置する場合は、手すりに設置するためのサイドベースや窓枠ベース、ベランダ取り付けポールなどを設置することでアンテナ取り付けができます。
TOPボタン